RSS | ATOM | SEARCH
我が家の椎茸

こんにちは。

アフターの遠藤です。


私の趣味で始めた椎茸栽培も2年目になりました。

毎年なかなか大きくならなかったのですが、今年は大きく育ち食べる事ができました。

家族にも好評でした。

皆さんも是非椎茸栽培にチャレンジしてみてください。


author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 13:00
-, -, - -
24時間 レース

 こんにちは   営業部の木村です、6月に入り 既に梅雨の時期真っ只中 比較的 雨が降る日が少ないようですが 地鎮祭や 基礎着工 上棟

 

と 雨が降らない方が 当然お施主様や自分たちにとっても 都合が良いのです。  

 

 話は ガラッと変わりますが  この時期 毎年 フランスで行われる  24時間耐久レース(ル・マン)があり 車が好きな自分にとっては

 

大変気になります  昨年トヨタ車が結果としては 残念だっただけに・・・・・今年は 絶対  優勝してほしいです・・・ 予選の結果も

 

好調だし  24時間 超高速で飛ばし続けるレースなので 総合的にチーム力が問われる戦いです・・・・

 

 

author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 06:17
-, -, - -
趣味の時間

初めまして。

 

千葉営業所の鎌川です。

ブログ初参戦ですが、お手柔らかにお願いしますき

 

わたしは、伊豆七島の三宅島出身の34歳、中肉中背で、芋焼酎が大好き、

もともと色黒で一年中、真っ黒な人間です・・・ピース

そのせいか、「肝臓悪い・・?」って言われます沈

それくらい、真っ黒に焼けています汗汗

特にこの時期は、夜道では溶け込んで見えなくなることも・・・月

 

そんな、日焼けで真っ黒な私は更に追い打ちをかける趣味が。

 

 自宅を朝5:30に出発し、アクアラインを渡り、木更津を経由し館山へ

そこで、磯釣りに没頭し、一時的に、仕事から離れ心を洗われる瞬間ですしゃきーん↑

 

ちなみに、

釣り座がこちら。

 

収穫はこんな感じで、

これは、塩焼きになり長男の胃袋へ。

 

こちらは、ご愛敬なエサ取り。

フグは、水中でホバーリングするので、エサ取りの名人エクステンション

 

こんな感じで、休日を過ごし、鋭気をやしないます。

頻繁には行けませんが、年に数回の一人旅です。

 

 

author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 20:00
-, -, - -
ル.マン

 こんにちは、営業部の木村です、今年も折り返しの時期となり 季節も暑い夏がやってきます..... 今月も仕事は自分の場合着工

 

準備の地鎮祭や仕様関係の打ち合わせや 新規のお客様とのお打ち合わせ等 仕事なので毎月そうですが 特に今月は蒸し暑くなって

 

体力消耗気味の性なのか バテぎみです... だからこそ 健康管理は大事なので 意識はしているのですが...

 

 夜更かしは できるだけしないようにしてたのですが 先日の自動車レースは 24時間 なぜか寝ないで起きっぱなし でトヨタ応援

 

してました、自動車が好きな為 特にGTカーシリーズ 最高峰の ル.マンは子供の頃から大好きなレースです、F1の様に究極の速さを

 

競うレースも好きですが 夜も昼も一昼夜ぶっ飛ばす 耐久レースは二輪の鈴鹿耐久もそうですが なぜか夢中になってしまいます、

 

特に今年はトヨタに優勝して欲しかったので あの序盤からの速さで走り続け 最後の最後で

 

スローダウン 衝撃的な最後でした 24時間寝ないでいた為 かなり悔しかったでしたが その日はそのまま 意識を失った感じて

 

朝まで寝ました。久しぶりに熱くなれた気がします。

author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 09:00
-, -, - -
山シリーズ11
設計部の金子です。

箱根の常宿であるBB-Pホテルが新春企画で宿泊料が2015円(一泊朝食付き)で出ていたのでせっかくだからと、予約。
冬の箱根路を行くことに相成りました。(この宿は長期滞在には最高。じっくり箱根を見て廻るにはおすすめです。)

以前のお約束通り、神山に登ることに・・・
前日夜更かしし過ぎて出発は通勤ラッシュ時間帯になってしまい、首都高を抜けるのに1時間強かかってしまいました。


↑乙女峠からの富士山。遠くに南アルプスが見えます。

どうせならと御殿場経由で乙女峠でお茶をして、大涌谷に着いたのはすでに2時近く。
駐車場が5時で閉まってしまうので、それまでに下りてこないといけません。


↑大涌谷からの富士山。快晴。惚れ惚れします。


天候は久しぶりの快晴です。


↑大涌谷登山口近くから冠ヶ岳を望む。快晴!!


今回は時間がなかったので山頂までの最短ルートを選びました。


↑看板に立ち止まらないでください。死にますと書かれていました。
 (ウソですよ!でも、それに近いことは書いてありました。)

登り始めは大涌谷特有の鼻につく臭い(卵の腐ったヤツ)で、標識には立ち止まらないでください。と書かれてありました。途中数人のハイカーとすれ違いましたが、2人の外国人に出会い、その一人の人と話が出来ました。(片言の英語と片言の日本語で会話になります)  彼は東京で英語を教えていて、offに一人でハイキングに来ているそうです。大汗をかいて、これから駒ヶ岳に行きますが、熊は出ませんか?と聞くので、大丈夫です、いませんよ・・・と、答えたら安心して山奥に消えて行きました。
丹沢ならともかく、まずいないでしょう・・・たぶん。


↑大涌谷からのサンセット。アベックがいっぱい。我々も?

神山とその手前にある冠ヶ岳に登りましたが、どちらも頂上からの眺めは良くなく残念。
途中ちらりほらりと富士山が顔を出す程度でした。
今回の山行きで大方の山は登ったかぁ?と思いきや、外輪山一周と言うとんでもないルート(全長52km)がまだありました。
平地でも一日で歩くのはしんどいのに登り下りの山道ですから想像するだけで気が遠くなります。
数日かけて歩くしかないかなぁ・・・休み取れるか?

次の日、数十年ぶりに小田原城と天丼で有名な「だるま」に行ってきました。
今度来るときは、森が若葉に覆われたときでしょうか・・・・

それでは・・・

 
author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 09:41
-, -, - -
山シリーズ10
設計部の金子です。
本年も宜しくお願いします。

箱根外輪山の最高峰は猪鼻山(1213m)で別名「金時山」と言います。
そう、あの足柄山の金太郎由来の山です。
昨日運動エネルギーは使いましたが、位置エネルギーはほとんどなかった(要は平らだった)為、少し刺激がほしくなり、今回公時神社の脇から登る事にしました。(登山口に小さな駐車場とトイレがあります)


↑金太郎が担いだと言われている薪割り(そんな訳ないだろう!)

子供の頃(幼稚園時代か?忘れましたが)父に連れられ登った記憶があります。
会社の社員旅行で他の大人にまじって歩き、ボクえらいねなんて褒められたので覚えているようです。(単純!)

金時娘がいる茶屋(1回は行く価値有り・機嫌悪い時があるので要注意!)

山頂に金時娘のいる茶屋が有ります。ここまで頻繁に登って来る人が多く。中には何千回も来ている人もいます。
自分は2回目ですが・・・


↑富士山はきれいに見えます。晴れてれば・・・

大人になって糖尿を患い(別に治療などしてませんが)、これほどきつかったのか?と、思うほど結構大変な登りでした。
たぶん、昔は乙女峠から登ったんじゃないかな?(こちらのコースは比較的楽)なんて言い訳している自分が情けない。

ちなみに山頂は静岡県になります。

次回も 山 かぁ・・・


 
author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 20:45
-, -, - -
山シリーズ9
設計部の金子です。

山歩きを再開したのは去年の5月でした。
老後の趣味として、いやカミさんと同じ趣味を持ちたくて始めましたが・・・・

30年前に購入してほとんどはいていなかった登山靴。
ニッカボッカも今では販売もしていません。
雨具もコーティングがはげ落ち、結局ほとんど新調になりました。


↑コッヘルとコンロは昔のまま

パートナーとなるカミさん。あまり足が丈夫ではありません。
初めて行く所はなるべくキツくなく、自然がいっぱい溢れている様な場所がいいと思い神奈川県の丹沢を選びました。


↑パワーもらえそうな古木 箒杉

丹沢の西側に箒杉(ほうきすぎ)と言う古木(樹齢2000年ぐらい?国の天然記念物に指定されてます)があり、そこから少し奥に入った所の西丹沢自然教室がスタートポイント。


↑西丹沢自然教室の脇にある吊り橋・・・ここから入って行きます

登山届けを出し、沢沿いを進んで行きます。
昔畦が丸と言う山を登った時と同じルートです。ただ今回はその手前でUターンするつもりでした。


↑沢を何回も横切ります

ここ丹沢と言えば沢登りが人気で、初夏の時期は若葉がきれいで、流れるせせらぎも心を癒してくれます。
目的地は本棚の滝。落差60mの丹沢を代表する名瀑です。


↑滝をすぐそこに感じられます

ほとんど登りらしい登りはなく、足慣らしには最適なコースでした。
大棚と下棚の2ヶ所の滝を見て、往復3時間の山行き(沢行き?)でした。

その日は手前の中川温泉で一泊。翌日は物足りなかった分、箱根の金時山でも行こうか?と、言う事になりましが続きは次回のお楽しみ・・・

それでは


 
author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 19:48
-, -, - -
無趣味?多趣味?
こんにちは。

最近、なにかと「なんかしたい‼」と常々考えております。

旅行もしたいし、ライブにも行きたい、

映画も見たいし、スポーツもしたい!

欲張りな願望が湧き上がってきます。

最近、ウクレレ買いました!などと言っておきながら、なかなか上達せず。。。

バスケをして痩せるぞ!と言っておきながら、指を骨折している疑惑が浮上。。。

映画を見るぞ!と言っておきながら、昼寝をする。。。

本当ダメ人間です。

こんな私ですが、一つだけ本気でやってみたいことがあります。

それは思い出動画制作です。

大学時代は音響・映像の学科に所属していたこともあり、ほんの少しだけカメラや動画編集の知識はあります。

シーンをつなぎ合わせて、音楽をいれて、映像効果をちょっと足して。。。

地味な作業ですが、作り上げた後には一つの作品として下手くそでも感動するものです。

日常の何気ない風景も音楽を入れたり、シーンをつなぎ合わせると、

かっこ良く見えたり、面白く見えたり、切なく見えたりと様々です。

大学時代の友人が作っているのを見て、いつかはやってみたい!と思っていましたが、

全然やっていなかったので、今度本格的にやってみようと思います。

ちなみに大学時代の友人が作った動画は○○○TUBEに載っているのですが、

学生時代のやんちゃな私が写っています。

見たい方は私、玉川にお声かけ下さい。

気分が乗っていたらお見せ致します。


玉川

 
author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 20:06
-, -, - -
山シリーズ8

2週連続の山歩きでした。

設計部の金子です。

先週箱根は雨模様でしたので・・・今週は・・・晴れてる・・・
と、言うことで近場な所で つくば山に行って来ました。
最近何かというと来ているこの山。


↑女体山から男体山を望む

茨城県にお住まいなら知らない人はいないと思います。
茨城県で一番高い山ではありません・・・・念のため・・・。


↑麓の紅葉は見頃でした

天気は良かったのですが、山の紅葉はすでに見頃をすぎ、紅葉している木々はチラリホラリと・・・少し遅かったか・・・?


体調が良かったので何の問題もなく、白雲橋コースをほぼ標準時間内で歩くことが出来ました。


↑奇岩が多く点在してます。
 ここは「弁慶七戻り」の岩

登り始めが少し遅かったので、昼食を取ったのは太陽が少し西に傾いた頃でした。
山専ボトルのお湯でカップ麺とお茶を頂き、明るい内に下りようとケーブルカー沿いに歩く御幸ヶ原コースを下りてきました。



↑山麓駅付近の紅葉です

麓のケーブルカー駅の周辺はモミジが多く、綺麗に紅葉していたのはラッキーでした。

気軽に上れる山です。
近所の人は散歩コースにする方もいらっしゃるとか・・・



 

author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 23:59
-, -, - -
山シリーズ7
立冬を過ぎ、日ごとに寒さを増していますが、皆様にはお風邪など召されてませんでしょうか?
設計部の金子です。

関東地方は日光の紅葉から始まり都内の公園が色づくまで、私たちの目を楽しませてくれます。
先日、箱根の紅葉を見に出かけましたが、あいにくの雨模様。

今回は湯本から宿泊場所の小涌谷までのトレッキングでしたが、さほどきつい登りもなく、岩場やガレ場もない至って単調なコースでした。


↑登山道入り口 鎌倉古道なんですね どうりで古い石畳が続いてると思いました。

箱根湯本駅付近が標高100m。
そこから浅間山(せんげんやま・標高802m)まで標高差700mの登山ですが急登はなく、だらだらと、飽きるくらいの登りでした。
断続的に雨が降っていたのですが、道が広いので傘を差して歩くことが出来ました。


小涌谷蓬莱園のモミジ 真っ赤に染まってました

尾根筋を登る感じですが、途中赤く染まった紅葉の下で昼食。
湯本駅近くのお店で買ったたまねぎ棒(パートナーはいわし棒でした)とコンビニのおにぎりを頬張り、山専ボトルの熱湯で入れた紅茶をすすり、わずかな時間でしたが至福の一時を過ごす事が出来ました。


↑浅間山山頂からの駒ヶ岳

休憩場所から30分ほどで浅間山頂上に。
山頂から以前登った駒ヶ岳も望むことも出来ました。
ここからは小涌谷まで下りの一本道。下りきった川筋に滝がありました。
千条(ちすじ)の滝と呼ばれ、マイナスイオン150%の超おすすめの場所です。


↑マイナスイオンたっぷりの千条の滝

宿まではホテルの循環バスで戻り、温泉につかって日々の疲れと今回の山の疲れ(疲れませんでしたが)をとることが出来ました。

箱根もまだまだ知らない所があるんだなぁ・・・。
などと、思う今回の山行きでした。

次の箱根は最高峰の神山(標高1438m)に登りたいですね。


そう言えば今日は「1122」の日です。これは「いいふうふ」と読むそうです。
パートナーに感謝!感謝!!
今度はアイゼンを買ってあげるから、一緒に冬山に行こうね グッド




 
author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 19:16
-, -, - -