RSS | ATOM | SEARCH
山シリーズ11
設計部の金子です。

箱根の常宿であるBB-Pホテルが新春企画で宿泊料が2015円(一泊朝食付き)で出ていたのでせっかくだからと、予約。
冬の箱根路を行くことに相成りました。(この宿は長期滞在には最高。じっくり箱根を見て廻るにはおすすめです。)

以前のお約束通り、神山に登ることに・・・
前日夜更かしし過ぎて出発は通勤ラッシュ時間帯になってしまい、首都高を抜けるのに1時間強かかってしまいました。


↑乙女峠からの富士山。遠くに南アルプスが見えます。

どうせならと御殿場経由で乙女峠でお茶をして、大涌谷に着いたのはすでに2時近く。
駐車場が5時で閉まってしまうので、それまでに下りてこないといけません。


↑大涌谷からの富士山。快晴。惚れ惚れします。


天候は久しぶりの快晴です。


↑大涌谷登山口近くから冠ヶ岳を望む。快晴!!


今回は時間がなかったので山頂までの最短ルートを選びました。


↑看板に立ち止まらないでください。死にますと書かれていました。
 (ウソですよ!でも、それに近いことは書いてありました。)

登り始めは大涌谷特有の鼻につく臭い(卵の腐ったヤツ)で、標識には立ち止まらないでください。と書かれてありました。途中数人のハイカーとすれ違いましたが、2人の外国人に出会い、その一人の人と話が出来ました。(片言の英語と片言の日本語で会話になります)  彼は東京で英語を教えていて、offに一人でハイキングに来ているそうです。大汗をかいて、これから駒ヶ岳に行きますが、熊は出ませんか?と聞くので、大丈夫です、いませんよ・・・と、答えたら安心して山奥に消えて行きました。
丹沢ならともかく、まずいないでしょう・・・たぶん。


↑大涌谷からのサンセット。アベックがいっぱい。我々も?

神山とその手前にある冠ヶ岳に登りましたが、どちらも頂上からの眺めは良くなく残念。
途中ちらりほらりと富士山が顔を出す程度でした。
今回の山行きで大方の山は登ったかぁ?と思いきや、外輪山一周と言うとんでもないルート(全長52km)がまだありました。
平地でも一日で歩くのはしんどいのに登り下りの山道ですから想像するだけで気が遠くなります。
数日かけて歩くしかないかなぁ・・・休み取れるか?

次の日、数十年ぶりに小田原城と天丼で有名な「だるま」に行ってきました。
今度来るときは、森が若葉に覆われたときでしょうか・・・・

それでは・・・

 
author:マツシタホーム男性スタッフ, category:趣味の話, 09:41
-, -, - -